無料ホームページ作成ガイド

ホームページを作成するために必要なもの

この記事は約 2 分で読めます。

ホームページを自分で一から作るには高いソフトが必要なんじゃないかとか、すごく難しいんじゃないかと考えている人も多いでしょう。
もちろんDreamweaverなどのソフトがあればやりやすくはなるのですが、実はパソコンさえ持っていればホームページを作るのにお金は一円も必要ないのです。
そこでホームページを作るために必要なものを説明していきます。(windows7の場合のみ)

まずはパソコンの環境をチェックしましょう。
デフォルトの状態ではファイルの拡張子(.jpg,.exeなど)が表示されない設定になっています。
まずは拡張子が表示されるように設定しましょう。

スタートボタン→コントロール パネル→デスクトップのカスタマイズ
ここから「フォルダーオプション」を選択します。
そして「表示」のタブ、「詳細設定」から「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外して「適用」をクリックします。
これで拡張子が表示されるようになりました。

では次にホームページを作るのに必要なソフトです。
ホームページを作るだけであれば必要なものは「メモ帳」と「ブラウザ」だけです。
メモ帳はスタートボタン→すべてのプログラム→アクセサリから開くことができます。
ブラウザは「Internet explorer」で問題ありません。

メモ帳はホームページを作る時にhtmlやテキストを入力するために使い、出来上がったhtmlファイルを確認するときにブラウザを遣います。
次は実際にhtmlファイルを作ってみましょう。

この投稿のトラックバックURL:

Facebookでコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

è